脳腫瘍・脳梗塞のシグナル! 放置厳禁の味覚障害の脅威

今、味が分からない、何を食べても味が薄く苦く感じるなど、味の感覚がつかめない“味覚障害”を起こす人が急増し、年間十数万人が患うという。味覚異常は、ある日突然に自覚することが多いという味覚障害の疑いがあるデータが出たという。、
その原因の多くが亜鉛不足であることも判明した。
若い皆さんがよく食べるファーストフードや清涼飲料水などに含まれるフィチン酸やポリリン酸などの添加物に、亜鉛の吸収を妨げる作用があるのです。また、過激なダイエットで栄養が偏りがちになり、それで亜鉛不足に陥ることもあるようです。
毎日の食を楽しむためにも、味覚障害に潜む原因を調べよう。
脳腫瘍・脳梗塞のシグナル! 放置厳禁の味覚障害の脅威
品質最優先翻訳翻訳会社ERF

品質最優先翻訳ERF 初めてのご依頼品質最優先翻訳ERF