終末期の高齢者ら救急蘇生中止54件…家族要望

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

延命治療を望まない終末期の高齢者らが心肺停止となり、駆け付けた救急隊員がいったん開始した蘇生処置を中止した事例が、全国主要20消防機関で2017年末までの3年間に少なくとも54件あったことが、読売新聞の調査でわかりました。
色々な思いがありますが・・・わかるような気がします。死ねない老人と言う本を読んだ事があります。今は医療が発達しているので、機械で心臓をずーっと動かしておく事も出来そうですし・・・・
終末期の高齢者ら救急蘇生中止54件…家族要望

品質最優先翻訳翻訳会社ERF

品質最優先翻訳ERF 初めてのご依頼品質最優先翻訳ERF