Nov 29, 2017

第3世代の視力矯正手術「リレックス」の実力とデメリット

リレックス!皆さんはご存じでしたか??私はレーシックは知っておりましたが、リレックスはしりませんでした。
リレックスの基本原理は、PRKやレーシックと同じだ。レーザー照射で角膜の屈折力を調整し、視力を矯正する。その違いは、その屈折力の変え方にある。治療時間は、どちらも両目で10分ほどだそうです。メリットとして「フラップを作らない」「傷口が小さい」と言うことだそうです。デメリットは視力回復に時間がかかる。1.0程度まで視力が回復するのに、1週間ほどかけてゆっくりと視力が回復。
次に、再手術が可能なレーシックに対し、リレックスは「2度目」はできない。PRKやレーシックなど別の方法で再手術となる。
レーシック、リレックスともに保険の適用はない。一般的にはリレックスの方が高額のようです。
しかし、このような手術をしなくてもよいように普段より視力低下を防ぐように心かけましょう!!

第3世代の視力矯正手術「リレックス」の実力とデメリット
品質最優先翻訳翻訳会社ERF

品質最優先翻訳ERF 初めてのご依頼品質最優先翻訳ERF


Posted in ブログComments Closed 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。