季節の節目の厄払いをする「節分」行事。そもそもの意味や正しい行い方って?

「節分」とは季節の節目という意味の言葉で、二十四節気の「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日を指します。日本では古くから季節の変わり目には魔が集まり、人々へ災いをもたらすと恐れられてきました。旧暦では「立春」が正月に当たることから、「立春」の節目となる「節分」を重要視し、厄災を祓い清めて清々しい年を迎えようとしたのです。邪気を祓う霊力がある「豆」をまいて鬼を祓う、今のような節分行事になったのは室町時代以降のこと。神社や民間で宮中行事に倣い、鬼を払って福を招く祭事になったと考えられています。
よく「年の数だけ豆を食べる」といいますが、神様へお上げした御神霊が宿る豆を食べることで神様の力を体内にいただけるとも考えられているのです。
季節の節目の厄払いをする「節分」行事。そもそもの意味や正しい行い方って?
品質最優先翻訳翻訳会社ERF

品質最優先翻訳ERF 初めてのご依頼品質最優先翻訳ERF