Dec 6, 2017

予防接種してOK?妊娠中・授乳中のインフルエンザ対策

妊娠中・授乳中にインフルエンザを発症した場合、妊娠の全期間、および授乳中で抗インフルエンザ薬を使用できます。
抗インフルエンザ薬には、次のようなものがあります。
・タミフル(内服)・リレンザ(吸入)・ラピアクタ(点滴)・イナビル(長時間作用吸入)
いずれも妊娠、授乳中の使用は可能ですが、インフルエンザのタイプや流行情報、薬の使用方法の違いなどから医学的な判断で使い分けられます。タミフル、リレンザは使用経験が多く、安全性も高いとされています。
妊娠中に使える解熱鎮痛剤はアセトアミノフェン(コカール、カロナールなど)だけです。特に、妊娠後半期にボルタレン、インドメタシン、ロキソニンなど解熱鎮痛剤を自己判断で使うことは胎児にとって危険です。総合感冒薬なども使いません。
人生で経験したことがないほどの症状の時は産科の担当医に電話で連絡して指示を仰ぎましょう。
予防接種してOK?妊娠中・授乳中のインフルエンザ対策

品質最優先翻訳翻訳会社ERF

品質最優先翻訳ERF 初めてのご依頼品質最優先翻訳ERF


Posted in ブログComments Closed 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。