アルツハイマー、血液で早期検査=治療薬開発に貢献へ―長寿医療研など

アルツハイマー病の原因とされる物質を早い時期に血液を使って検査する方法を開発したと、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)と島津製作所などの研究グループが発表しました。
アルツハイマー病は現在、根本的な治療薬がない。今回の検査方法で早期の患者を多く見つけ、臨床試験(治験)に参加してもらうことで、治療薬の開発に貢献できるといいます。研究グループは「将来薬が開発された段階で、検査を健康診断などで広く利用できるようにしたい」としています。
期待しています。

アルツハイマー、血液で早期検査=治療薬開発に貢献へ―長寿医療研など
品質最優先翻訳翻訳会社ERF

品質最優先翻訳ERF 初めてのご依頼品質最優先翻訳ERF